スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新社会人も英語学習

街で新社会人を多く見かけるようになりました。

新人研修期間は東京にいますが、それが終わると、地方に配属される人も多いため、4月は東京の電車が一番込むそうです。

で、話は変わりますが、おじさん的には、新社会人も勉強続けるべきだと思うんですね。研修以外のことも。
GMも日航も潰れる世の中ですから、就職しても勉強を続けておくことはいいことだと思います。

勉強にも色々ありますが、社会人にとって、語学の学習はかなりおすすめできる勉強です。

語学は、通勤時間を使って、電車の中で色々できますからね。
リスニングの練習なら、通勤時に歩いている時間だって、ホームで電車を待つ間でも勉強が出来ます。語学以外にはなかなか歩いている時間を使える勉強は少ないでしょう。

通勤は毎日往復しますから、この時間で毎日続ければ、忙しい社会人でも合計すると年間バカにならない時間を勉強に使えるものです。

語学の中でも特に英語はもっとも仕事で使う確率が高いですし、教材が世の中に色々あるので勉強しやすく、元が取れやすい語学です。

習得のしやすさという点では、文法が似ており、キャラクタの少ない韓国語がいいという話もありますが、英語に比べ韓国語は使う機会が少ないですから。

中国語は習得すればビジネス上武器にはなりますが、発音がなかなか難しいみたいですね。

また、就職すると、色んなカタカナ英語を使うことになるのですが、これがTOEICのビジネス的問題に出やすい単語とニアなので、TOEICハイスコアを目指すのは社会人にとっていい感じの目標です。

そんなわけで就職しても勉強頑張るといいですよ。
おじさんも応援します。

ていうかその前に自分がやれと言う感じですが。今週はさぼってしまいましたねぇ。来週から頑張ります。
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

台湾の英語事情

台湾に行ってきました。
待ち時間や飛行機の中で英語の勉強ができるかもと思ってipodとペーパーバックを持っていきましたが、
結局3日間でペーパーバックを2ページ読んだだけで終わってしまいました。
飛行機の中で映画を見ましたが、自分に負けて日本語字幕を出してしまったし。

自分に通勤勉強グセをつけているので、通勤時はなんとなく観念して英語学習に取り掛かれるのですが、その反面、通勤時以外には全然勉強する気が起きないという問題も通勤英語学習にはありますね。

台北での英語事情を報告しておくと、東京よりほんの少しだけ通じやすいというところでしょうか。

・タクシーはダメ
・ホテルは全く問題なし
・お店もそれなりには通用
位の感じでした。

若い人はある程度英語使える人が多いように感じました。ちなみに、日本統治時代に教育を受けたおじいさんは日本語がすごく上手だったり。

台湾は香港と同じように感じが画数のやたら多い繁体字なので、どうしても漢字の習得に時間がかかるため、その分英語の授業に時間を割けないという話もあるそうです。
ていうか、あの画数で手書きしていたら手がつるよななんて思ったり。

画数を省略した北京の簡体字や、全部ひらがなみたいなハングルを使う韓国なら、自国語の習得も台湾より容易だから英語の授業に割けるというのも分からんでもないですね。

日本は繁体字ほどの画数はないものの、ひらがな、カタカナもあるので、やはり習得がめんどくさい自国語の内に入るのでしょう。日本もいっそ英語も公用語にしてくれと思ったり。

台北もそうですが、台湾やシンガポールにはフィリピンやインドネシアなどから出稼ぎに来る家政婦さんが多いらしいのですが、一番時給が高いのはフィリピン人の家政婦さんらしいです。
なぜかというと、英語が使えるからだそうな。

英語は使えて損はないなと思いました。勉強しないと。

でも明日からにしよう(意志弱っ)。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

新大学生は英語の試験を受けておこう

そろそろ大学受験の合格発表も出揃ったころでしょうか?
4月から大学生になる皆さんおめでとうございます。

もう当分勉強はイヤだ位の気持ちではないかと想像されますが、
おじさんから言わせるともう一頑張りして英検やTOEICでも受けておくことをお勧めします。

なぜかというと、あなたの今の英語力は人生のピークである確率がかなり高いからです。

外国語学部や留学目指してTOFELを頑張る人は別として、これから普通の大学生活をしていく場合、
残念ながらあなたの今の英語力は今後次第に失われていく可能性が高いです。

なので、受けるなら受験英語を忘れていない早いうちが得です。

たぶん3年後には就職活動ってやつがあなたを待ち構えているので、今の内に何か英語資格を取っておくのは
そのときに役に立ちますから。

何を受けるかですが、就職活動を意識するならTOEICがベスト、次に英検でしょうか。

TOEICは、サラリーマンが良く受けている試験なので、就職活動のとき分かりやすく、スコアが出るだけで不合格というものがない。また受験料が5000円くらいと安いのがいいところ。
一方、ビジネス寄りの出題傾向で回答スピードが要求されるため、受験英語では対応しづらいでしょう。良いスコアを取りたいなら少しTOEIC向けの勉強をする必要があります。
TOEICを受けるならこちらのサイトもご参考に。

TOEIC700-800点を狙う勉強法、参考書

英検は、出題傾向や問題形式がが比較的受験英語に近いので、特に何もしなくても忘れないうちに受験しておけば、2級ならそれなりに勝負できるでしょう。
もちろん、対策はしたほうがいいですけどね。英語得意な人だったら対策すれば準1級も狙えると思います。

せっかく勉強した英語、このまま忘れていくのはもったいないと思いますよ。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

仕事用の英語力

昨日、会社で海外の会社との仕事ばかりしているセクションのマネージャーの人と話をした。
当然そこには英語ができる人ばかり集められている。

出張が多いので飛行機のマイルが貯まってうらやましい反面、時差対応で勤務時間がむちゃくちゃになるため大変みたいだ。
ま、私の英語力じゃそこにいっても使い物になるわけが無いのですが。

で、話は、どんな社員が望ましいかという話をしました。
僕の会社の社内公用語は思い切り日本語なので、英語だけでなく日本語も使える必要があります。

そのセクションにいる人は大別して

1.中学~高校くらいまで外国で暮らし、その後日本の大学を出た帰国子女
2.高校まで日本で暮らし、その後外国の大学や大学院に留学した人
3.日本に留学してそのまま日本で働く外国人

の3パターンの人がいる。
まず、1の帰国子女はやはり「耳がいい」「発音が良い」らしいです。こういうところは子供のウチに覚えないとなかなか大人になってからは身につかないものらしいですね。
但し、中学や高校生が使う英語しか知らないので、ビジネスで使う単語が足りず、仕事用のフォーマルな英語が使えないので、まずいメールを出す可能性があるので入社後しばらくは見張っていないとおっかないそうです。ま、それは日本人の新入社員が日本語でメール出す場合でも同じですが。

2の日本人留学生ですが、「耳」「発音」は帰国に比べてどうしても落ちるそうですが、ある程度仕事用の英単語を知っているので、メール対応や軽めのドキュメントの翻訳などは入社後すぐにやれるため助かるそうです。その反面、かっこよくプレゼンするには発音や言葉の選び方で帰国には敵わないとのことです。
但し、人により差があって、仕事用の英語も分かる人とスラングしか使えない人がいるらしいです。留学中の生活が反映されるのでしょうね。

3の外人は、基本的に1の帰国子女と同じらしいのですが、名前や見た目が外人である分、高校生的な英語を話していると、「こいつは頭が悪いのではないか?」と思われがちで微妙に損なことがあるなんて言っていました。

どのパターンの人もどうしても日本語は怪しい面があり、会話は全然OKでも、漢字や送りかなの間違いや四字熟語、ことわざの誤解はやはりありがちだそうです。こんどは逆に見た目が日本人の帰国子女の場合バカだと思われかねないが、外人ならばネタになるので得とか。

その話した人は2の留学生に当たるのですが、今でもやはり耳ではネイティブに敵わないし、ネイティブが感じるニュアンスはわからんところがあると言っていました。

仕事用に英語勉強するなら、実際一番多いのは会話よりもメールの対応なので、会話よりまず、読みと書きを鍛えたほうがいいとのアドバイスをもらいました。

しかし、スラング交じりの会話英語と、ビジネス用の文書英語は全然違うから英語ってめんどくさい言語だなぁ。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

久しぶりにTOEICの音声を聞いてみた

2年ぶりにipodに入っている、TOEIC公式問題集の音声を聴いてみました。

TOEICを2年前に受けて以来、この2年間は気が向いたときに英語のポッドキャストを聞くくらいで、ほとんど英語の勉強などしていなかったのだけれど、今年になって微妙に勉強、と言っても電車の中でですが、するようになったので、多少進歩があるのか試したくなったのです。

久しぶりに公式問題集のパート3や4を聞いてみます。電車の中ですが。


なんか微妙に前より聴ける気がします。

音がつながるところは相変わらずよく聞き取れないんですが、それでもTOEICってこんなにゆっくり話すんだったっけ。と思いました。2年前は早えーよと思っていたはずですが。

ブログネタにするためにやった各種の変な勉強の成果が出ているのかもしれません。

とはいえ、2年前は聞き込んだ音声のはずなので、かすかに記憶に残っていて聞き取りやすいというだけのことのような気もしますし、微妙に進歩しているような気もします。


今のところあまり根拠なく、また受けたらスコアアップ行けるんじゃないかと思いつつあります。

前回はリスニング470点だったので、次はリスニングを485点取り、リーディングを前回同様415取れれば900点行くはず!

なんて皮算用してみますが、パート5は確実に忘れているので、ちゃんと勉強しない限りこの皮算用は絶対に通用しません。

しかし、少しだけやる気が出たのは事実です。


私の英語学習の最大の問題は、英語を学んでもとりあえず今の生活の上で明確なメリットがなく、別に目標もないのでやる気がしないため勉強もしないということにあります。

根がぐーたらですし、勉強しなくても生活上何の問題もないわけですから、なかなか勉強する気にならないのは当然と言えば当然です。

しかし、とりあえず試験を受けることに決めてしまえば、一応目標が出来るので多少はやる気も出るかなと言う気もします。

うーん、どうしよう。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育


プロフィール

Author:ケンタウロス
あまり努力しないで英語力があがればいいなーといつも思っているぐーたらなおじさんです。TOEICスコアは885点。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。