スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野口 悠紀雄 「超」英語法 を読んだ

この本は昔ベストセラーになった『「超」整理法』の著者 野口 悠紀雄さんが書いた英語学習法の本です。




うん、素晴らしいです。これは役立つ。

ただし、役立つ人は限られていて、英語で仕事をするための実用英語スキル向上を目指す人に限られます。

この著者はライフハックを本にして食っている人ではなく、私も経済関係の著書を何冊か読んだことがありますが本業は割と有名な経済学者です。

で、仕事である海外の学会で発表し、海外の学者さんと仕事をして付き合うための英語にフォーカスして、英語で苦労したことはないそうです。そうなるための勉強法を書いてくれています。

また、完璧な英語力がなくても実用的にはまるで問題ないと書かれていて、実用英語としては不要なスキル、やらなくていい勉強が書かれているのが素敵です。


内容はインパクトありますよぉ

リスニングがまず重要とされていて、話す学習は後回しにすべき。日本の英語学習者は話す練習しすぎ。なんてのはなるほどと思わされました。
相手の言ってることが聴けなきゃ、たとえ話せたとしても何を話せばいいか分かるわけないもんね。

で、リスニングスキル向上のための勉強法だけでなく、英語で最も聴きにくいところである言葉が続く時つながって発音されたり省略されてしまう各種パターンの解説なんかもされています。

聴けさえすれば、話す時は相手の話した文を拝借して返事すればよいなんてパターンの解説がなされていたり、非常に実用的なテクも満載です。

聴くだけ番長のTOEIC野郎にとっては勇気付けられる話でした。

でも、書くには読むのと別のトレーニングが必要とも書いてありましたが。

ちなみにこの著者、日比谷高校→東大工学部→大蔵省→イエールでPh.Dという人(どんだけ頭いいんだ!)のようです。

このため、多少頭のいい人向け勉強法の感も若干あり、私のような凡人に真似できるかな?という部分もありましたが、それでも相当役に立つことが書いてある本です。

文庫で価格も安いので、読んでみてもいいのではないでしょうか



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Author:ケンタウロス
あまり努力しないで英語力があがればいいなーといつも思っているぐーたらなおじさんです。TOEICスコアは885点。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。