スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「英語で読む日本史」読了

前に書いた、講談社バイリンガル文庫「英語で読む日本史」を読了しました。

前のエントリ
http://toscana.sblo.jp/article/35130397.html



最初は歴史用語でつまづいてスピードが上がりませんでしたが、単語になれるとそれなりの速度では読めるようになりました。

ぼけ中年的には、日本史というテーマが「なんとなくは覚えているけど、結構怪しくなっている」位の状態にあるのですが、これ位の状態のテーマが新鮮な刺激があって「読む気にさせる」という点と、意味の分からない英単語の類推が効くという点でちょうどいい感じだったような気がします。

おかげで、僕のような根性なし、やる気なしでもなんとか読めました。

効果はどうかというと、後半の読み速度は確かに上がっていたと思いますから、特に苦手とするなリーディングの進歩に多少貢献したのではないかと思います。

次はこのシリーズの別の本にも挑戦してみようと思っています。
やはり、日本語対訳が英文の対向ページに付いていて、辞書いらずの構成になっているのは電車勉強派にとって非常にありがたかったです。

次はどれを攻めましょうかね。



ジャパンタイムスから出ているバイリンガル雑誌「週刊ST」も同じように使えるかもしれません。ただ、近所で売ってないんだよなー
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Author:ケンタウロス
あまり努力しないで英語力があがればいいなーといつも思っているぐーたらなおじさんです。TOEICスコアは885点。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。